医薬品メーカー「富士化学工業グループ」で作られたアスタキサンチン「アスタリール」を使用しております。

  1. ホーム | 
  2. アスタキサンチンの製造

アスタキサンチンの製造

世界初の屋内培養方式を採用したスウェーデン工場で

アスタキサンチンは作られています。

アスタビータの全製品は、親会社である医薬品メーカー、富士化学工業グループで作られたアスタキサンチン─アスタリール®を使用しています。
アスタキサンチンは、エビ・オキアミからの採取ではコストが高く、商業用に安定生産することは難しいといわれていました。
そこで富士化学工業グループは、1994年に世界で初めてヘマトコッカス藻によるアスタキサンチンの生産に成功。
以来世界中で安定した供給を続けています。
ヘマトコッカス藻は、アオノリやクロレラなどと同じ仲間の緑藻で、紫外線を受けると自分の身を守るためにアスタキサンチンを生成し、緑色から赤色に変化します。
そして、この高濃度なアスタキサンチンを、そのまま人々の健康に活用できるように製品化したのが富士化学工業のアスタリール®です。
現在、アスタリール®の製造はスウェーデンにあるアスタリールグループの工場で行われています。
世界初の屋内培養方式であるバイオフォトリアクターを用いて、ヘマトコッカス藻を大量生産し、富山の工場でアスタキサンチンを抽出しております。
→アスタリール®について
アスタリール®について
お電話またはFAXからのご利用に関するお問い合わせ

TEL:フリーコール0120-989-666 受付時間9:00-20:00 土日祝も承ります(年末年始除く)

FAX:フリーコール0120-911-209 受付時間24時間
ダウンロード
WEBからのご利用に関するお問い合わせ
  • よくある質問
  • お問い合わせ

ページトップへ