アスタキサンチンとは?~サケ・エビ・カニ・緑藻など含まれている話題の赤い色素

  1. ホーム | 
  2. アスタキサンチンとは

アスタキサンチンとは

健康・美容をサポートする話題の赤い色素。
それが「アスタキサンチン」。

アスタキサンチンとは、サケ・エビ・カニ・緑藻など主に海洋生物に多く含まれている赤い色素で、トマトのリコピンやニンジンのβカロテンなどと同じ カロテノイドの仲間です。
数十億年前、生命は海から誕生したといわれています。私たちの故郷といえるこの広大な海に秘められた赤い力。それが「アスタキサンチン」です。
サケは、産卵の時期になると力強く川を上っていきますが、そのエネルギーの源が実は身に蓄えられている赤い色、「アスタキサンチン」といわれています。
その健康パワーは、ビタミンEの約1000倍といわれ、現代を生きる私たちにとって、待望の健康・美容成分として急激に注目されています。

色が持つ力を、私たちは自然に取りいれていました!

私たちのからだには、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、食物繊維の「六大栄養素」が必須と考えられていますが、最近では第七番目の栄養素として、過剰な酸素と戦う成分が注目されています。このような成分の代表格は、トマト・ニンジン・トウガラシなど、色鮮やかな野菜に代表されるカロテノイドと呼ばれる色素。私たちが色鮮やかな野菜や果物を見て食欲をそそられるのも、過剰な酸素からからだを守ろうとする無意識の行動なのかもしれません。

→アスタリール®について
アスタリール®について
お電話またはFAXからのご利用に関するお問い合わせ

TEL:フリーコール0120-989-666 受付時間9:00-20:00 土日祝も承ります(年末年始除く)

FAX:フリーコール0120-911-209 受付時間24時間
ダウンロード
WEBからのご利用に関するお問い合わせ
  • よくある質問
  • お問い合わせ

ページトップへ